徒然草 ─ 青りんご ─

 Yahoo!ブログ終了に伴い、はてなで新たに開設いたしました。Yahoo!ブログでは、「徒然草 ─ なつみかん ─」というブログでしたが、こちらでは「徒然草 ─ 青りんご ─」として再スタートいたします。酸っぱさがちょっと取れてきた円熟の境地。と言いたいところですが、まだまだ尻の青いりんご。せめて気だけでも若くいきたいと思っております。Apple、デジタルカメラ(Nikon)、オーディオ等に関連する話題を綴っていきます。よろしくお願いいたします。

MacBook Pro 16インチ、ただの箱からのスタートは厳しい!

 昨日は、画面とトラックパッド、タッチバーの部分の保護シールを貼るのに精一杯でしたが、それでも、DXOだけはインストールしてみました。

 これは、昨年、バージョンアップしておりましたが、私が使っているOS X El Capitanには対応しておらず、完全に私がちかい将来、新しいMacを購入するであろうことを見越して導入していたもので、こんな形で使えるようになるとは思っていなかったもの。

 StarTech.com USB Type-C - ディスプレイポート変換アダプタを介して、モニタColorEdge CG248-4Kに映し出される画像はステキでした。

 そうそう、13インチMacBook Proで最高3008×1692ドットだった解像度は、残念ながら16インチMacBook Proでもそのままでした。

 しかし、違っていたのはRaw画像を表示する速度。体感的に、以前の15インチMacBook Proのの3分の2ぐらいでしょうか。

 なんだ、そのぐらいかと思うことなかれ、3分の2というのは、気持ちのよい速さです。

 やってはいませんが、Raw画像を現像して書き出す作業にかかる時間も、かなり短縮されているのではないかと予想されます。

 

 しかしです、昨日はもうしばらく余力がありましたので、他にインストールできるソフトに思案をしましたが、壊れてしまった15インチMacBook Proに所有しているソフトのアカウントやらパスワードやらを保存していたため、どれ一つとしてアップグレードを申し込めないという状況であることに気付き、愕然としました。

 メールの設定も飛んでしまっているため、何かしらのソフトを購入しても、メールに添付されてくるであろうIDやパスワード等をもらう手段がありません。というより、オンラインウェア等の所有者であることを証明できないので、アップグレードのしようがない、というわけです。

 で、Time Machineでバックアップを取っているNASに接続しようとしたら、アカウントとパスワードを要求されて、にっちももさっちもいきません。

 参りました。

 最高級MacBook Proも、記憶をなくしたただの箱状態。

 

 とりあえず、今日、メール設定を回復すべく、ぷららに連絡を取りまして、接続するためのアカウント、パスワード等を送ってもらうことにしました。セキュリティの関係でしょう、郵送で送るしかなく、3~4日かかるとのこと。

 それでも、これまでプロバイダー料金として1,100円支払っていたプランから、220円に変更する「ぷらコミ0」というプラン変更のありがたい提案を受けることができてよかったです。

f:id:mac_papa:20200402213937p:plain

 少なくともどのソフトよりも早く、ウイルス対策カスペルスキーだけは入れたいのですが。

 こちらも問い合わせをしてみてからのことになりますので、Officeやら、Adobe等のソフトをインストールするのは、まだ先になりそうです。

 悩ましいのは、Adobeのコンプリートプラン1年版(アカデミック版)が明日4月3日まで71%オフの18,960円(税別)となっていること。

 これは、ポチッとしちゃうかも

MacBook Pro 16インチ、到着!

f:id:mac_papa:20200401202742j:plain

f:id:mac_papa:20200401202807j:plain

f:id:mac_papa:20200401202828j:plain

f:id:mac_papa:20200401202855j:plain

f:id:mac_papa:20200401202917j:plain

 ヤマト運輸の追跡システムによると、午前中の9時30分には自宅に配送された模様。

 自宅に帰ってきてから、とりあえず開封儀式。

 いつもながら、高級感漂い、満足感をくすぐるパッキングでした。

 これから、4枚目の画像にあります画面の保護シート、トラックパッド用の保護シートを貼り、キーボードカバーを被せれば、セッティングの開始です。

 ただ、画面の保護シート貼りが難関と思え、どこまでできるか分かりません。

 できるだけ早く仕事に投入できるよう、がんばりたいところですが…。

MacBook Pro 16インチ、我が家へ向かう!

f:id:mac_papa:20200331231212p:plain

 午前中は何の変化もなかったヤマト運輸のお問合せシステムの表示ですが、先ほど見て見ましたら、大きく変化がありました。

 今日の15時36分には羽田クロノゲートベースを通過。

 この分なら、予定どおり明日配送されそうです。

 上海支店発送から何日も動かなかったのですが、いきなりでした。

 で、よく見るADSC支店てなんなの、どこなの、と思い、調べてみました。

 

  • Apple(アップル)
  • Ddelivery(デリバリー 配送)
  • Support(サポート 支援)
  • Center(センター)

 

 羽田空港から車で15分、江東区有明にあるんだそうで。

 Appleの製品をいったん集め、そこから全国へ発送しているんだとか。

 まうにも一度調べたことがあるような気がしますが、その度に初めて知ったような感覚になります。

 さて、明日は早めに帰ります。

StarTech.com USB Type-C - ディスプレイポート変換アダプタ 1m 4K/60Hz 、ColorEdge CG248-4K を映す!

 ついに富山県からも新型コロナウイルス感染症の陽性反応者が出ました。

 昨日、今日と、現在のところ2人の確認がされています。

 県知事のぶら下がり会見が行われた昨晩、そして、富山市長が行った本日10時(実際には10時半)と、iPhoneを通じてリアルタイムで見ていました。

 いよいよという感じです。

 遅かれ早かれとは思っていましたが、何とか踏みとどまってほしいものです。

 

 さて、昨日、19時半ごろに郵便局さんが届けてくれましたStarTech.com USB Type-C - ディスプレイポート変換アダプタ 1m 4K/60Hz。

 上記のとおり、県知事の会見を聞いていまして、確認はできませんでしたが、本日、今ほど、モニタColorEdge CG248-4KとMacBook Pro 13インチと接続してみました。

 結果は、バッチリ。

 モニタを3008×1692ドットという解像度で表示してくれました。

 おそらく、この解像度が今使っているMacBook Pro 13インチの限界なのでしょうが、これは、これまで使っていました15インチMacBook Proと同様ですので、全く違和感はありません。

 これまでの環境が戻ってきて、とっても嬉しいです。

 これで、現像ができます。

 ただ、13インチMacBook Proの能力は、現像ソフトのDXOを使った感じでは、15インチのそれと大して変わらないかな、という感じです。

 1枚のRaw画像を表示するのに、同じぐらいの待ち時間があります。

 これは、しょうがないところなのでしょうね。

 明日届くはずのMacBook Pro 16インチで確認したいところです。

f:id:mac_papa:20200331161540j:plain

f:id:mac_papa:20200331161606j:plain

f:id:mac_papa:20200331161626j:plain

衝撃!

 今日のブログ更新では、志村けんさんの訃報に触れずにはいられませんね。

 大きなショックを受けました。

 とともに、自分が保菌者であると前提した行動が必要である、と強く思いました。

 ご冥福をお祈りします。

 

 今日Amazonから届くはずのStarTech.com USB Type-C - ディスプレイポート変換アダプタ 1m 4K/60Hz ですが、私がトイレに入っているときに郵便屋さんが来たようで、不在届けが入っていました。

 すぐに再配達の手配をしましたが、電話の自動応答の案内に従っていきますと、最速でも今晩の6時から8時という時間帯しか指定できず、歯がゆい思いをしております。

 郵便屋さん、ピンポン鳴らさないで不在届けを入れ込んでいったようで…。

 残念ながら、まだ受け取っていません。

f:id:mac_papa:20200330180517j:plain

 そして、昨日修理に出したMacBook Pro 15インチですが、iFactoryさんからメッセージで連絡が入りました。

 交換する部品のロジックボードの価格が税込み55,000円無とのこと。

 部品代に修理の手間賃が入っているかどうか、再度確認して、正式に決めたいと思っています。

 もし、部品代だけで済むなら、決してお安いとはいえませんが、ハードディスク復元に比べれば、出せる金額です。

 修理代金が上乗せになっても、多分お願いしそうですが…。

MacBook Pro15インチ、修理へ。

 このお休み、けっこう精力的に活動している私デス。

 Appleのサポートから見放されたMacBook Pro 15インチですが、このところAppleの修理関係でお世話になっているiFactoryさんへ電話をかけてみました。

ifactory.sanbld.com

 で、持って来てみてくださいということで、持ち込みました。

 バッテリを外してみますね、と言われ、スルスルと裏蓋を開け、まずはホコリ飛ばし。

 以前診てもらったPower Macは、ホコリが原因でした。

「今回もけっこう溜まってますね」

 裏蓋を外して現れた基盤が白っぽく見えましたもん。

 で、何回か起動音を鳴らし、その結果…。

 おそらくメモリに不具合があるのではないかと。

 ただ、メモリは直付けになっているので、基盤ごと入れ替える必要があって、その分高くなるとのこと。

 10万出ますかと聞きますと、いや、4~5万ぐらいであるだろうとのこと。

 外国から取り寄せなくてはならないことも言われました。

 

 ということで、MacBook Pro 15インチはしばらく預かってもらって、基盤の値段が分かったら知らせてもらうことになりました。

 これで直ってくれたら御の字です。

 Appleのサポートで見放されたビンテージMacのこと、うまく基盤が見つかってくれますか…。

f:id:mac_papa:20200126110728j:plain

 

キャンセルして、再注文!

f:id:mac_papa:20200329144432p:plain

MacBook Pro 13インチ上で表示されたDXO編集画面

 昨日注文しました StarTech.com USB Type-C - ディスプレイポート変換アダプタ 1m 4K/60Hz ですが、今朝キャンセルしました。

 昨日、DXOを起動して画像の現像を行ってみたのですが、MacBook Pro 13インチ上では、表示された画像を200%に拡大しましたら、ジャギーが出てしまって、きちんとピントが来ているかどうかの判断ができなかったのです。

 モニタのColorEdge CG248-4K上で現像処理できないと、解決に至らない、ということで、キャンセルして新たに別のところで注文をかけたわけです。

 こちらはきっちりAmazonプライム特典でのお急ぎ便指定ができましたので、明日3月30日の到着になりました。お値段は若干高くて、7%引きで4,109円。そこからポイント割引き533円分を使って3,576円。

 最初からここにしておけば、今日到着してくれたのにとは思いますが、しょうがありません。

 明日まで待ちましょう。